スマイルリボン活動〜スタジアジラの原点


スタジオアジラには、フラ教室を運営することと同じくらい重要視している活動があります。それは福祉の現場にフラのパワーを取り入れること。

スタジオアジラ主宰の山本都子を始めとするメンバーの一部は、愛知県春日井市の介護施設の運営者として、音楽療法士、作業療法士とともに組み上げたフラとハワイアン音楽を取り入れた1時間弱の「フラレクリエーション」というプログラムを、現在も週に1〜2回のペースで、デイサービスをご利用されるお客様とシェアする活動を継続しています。
きっかけは平成19年の夏のことでした。
デイサービスのご利用者様と、何か継続的なレクリエーションを行いたいと考え、そのテーマについて日々思考を巡らしていた時、デイサービスにボランティアでハワイアン音楽とフラを披露して下さる方々(ワクトンと愉快な仲間たち様)がお越しくださいました。右の写真がその時の模様です。
その時の皆様のイキイキとした表情を拝見して迷わず、レクリエーションのテーマを「フラ」に決定しました。

その後色々な方の協力を得て私たちは、スタッフ一同総出でフラやハワイの文化を学び、ウクレレを練習し、ハワイアンの歌を覚え、衣装を縫い始めました。それが、現在のスタジオアジラへと繋がります。

フラレクリエーションは、およそ50分ほどのプログラム構成で行います。
本日の日付確認から始まり、ハワイ語を使って発声練習、単語と文章の音読、スタッフのウクレレ生演奏による合唱、給水休憩、スタッフのフラ披露、フラモーションを使ったストレッチ、皆でフラ!という基本構成です。
その50分間につまった、私たちの考えや想いを取材して頂きました。
記事については以下のPDFリンクからご覧頂けます。

2008年月刊デイpdf. へのリンク
2010年月刊デイpdf. へのリンク


2011年6月。イリマフラスタジオの、クーラニ・アーケア・カレイキ・アーロークムフラがデイサービス瑞穂(春日井市浅山町)にお越しくださいました。これを機にスタジオアジラは、このアロハスピリッツ溢れる偉大なるクムの指導を受け、フラの道を進むこととなりました。
地元の中日新聞の近郊版に私たちの取り組みが記事として掲載されました。(2012/09/22) 地元のケーブルテレビ:CCnetTVに出演させて頂きました。(2013/07/12)その模様はこちらからどうぞ!

私たちが、フラレクリエーションで着用する衣装は、全て手作りです。
デイサービスご利用者様と一緒に作っています。かわいい刺繍をしたり、ゴムを通したり・・・。
そして、上着は着脱が簡単で誰でも一瞬にして「フラダンサー」になれるオリジナルウエア!お揃いでウエアを着ると気持ちも華やかに、一体感も生まれます。まずは形から。それもとっても大事なことですよネ!

ぼだい樹サマ(小牧市大草町)のテラスをお借りして、デイサービスご利用者様とそのご家族様、そして私たちスタッフ全員で午後のひと時と豊かな自然と美味しいお茶とお菓子を楽しむイベントを年に2回行っています。


採用情報
スタジオアジラでは、各クラスの体験レッスンや見学を随時お受け致しております。お気軽にお問い合せ下さい。詳細はこちら

スタジオアジラの最新の活動はブログ&facebookにてお楽しみください♪ 

最近では奥様やお子様とフラを楽しむお父さんダンサーも急増中!体力や筋力アップ効果も抜群です!詳細はこちら

児童・高齢者の福祉施設で実際に行っているフラと音楽を用いた活動を元にしたプログラムのご案内です。詳細はこちら